◆無料!でかんたんに口座の開設ができます!◆

コインチェック

詳細はこちら

【初心者向け】コインチェックの貸仮想通貨(レンディング)の始め方

crypto

どうも、おもちです。

貸仮想通貨っていったい何?レンディングすると稼ぐことができるのかな?銀行に預けておくよりも利率はよいのか?

TVを見ていると暗号資産取引所のCMをよく見るようになりました。コインチェックもそのひとつです。

コインチェックでは国内の暗号資産取引所として使いやすさや知名度があり初心者にとっても人気です。




  • 貸仮想通貨の特徴
  • レンディングのメリットとデメリット
  • コインチェックの貸仮想通貨(レンディング)の始め方

コインチェックで口座開設して暗号資産取引所を使って運用をしている私が解説します!

貸仮想通貨の特徴

貸仮想通貨のことをレンディングと言います。

自分が保有している仮想通貨を取引所に貸し出しをして賃貸料を得ることになります。つまりインカムゲインです。

利回りが魅力のサービスになります。

暗号資産の値上がりを待って売却する、キャピタルゲインだけではないということです。

コインチェックのレンディングサービスのメリットとデメリット

メリット

・利回り率が最大で年率5%となっている
・1万円程度の少額から利用できる
・チャートの分析やトレードのスキルは不要である

デメリット

・価格変動リスクがあります
・タイミングによっては貸し出せない
・法による保全対象ではない

詳しくみていきましょう!

利回り率が最大で年率5%となっている

銀行は超低金利時代なので1年あずけても利子はほんのわずかです。
銀行と比較すれば一目瞭然ではないでしょうか。

1万円程度の少額から利用できる

始めるには10万円や100万円からだとしたらハードルが高いですが
1万円から利用できるので始めやすいです。

チャートの分析やトレードのスキルは不要である

チャートが読めない、専門用語がわからないという不安は
一切関係ありません。貸したら放置して待っているだけだからです。

 

価格変動リスクがあります

常に価格変動し続けるため、貸し出し中に暴落に巻き込まれる可能性もあります。
暗号資産取引所により貸し出しの中途解約でができるか事前に確認しておきましょう。

タイミングによっては貸し出せない

暗号資産取引所も借り入れ上限に達している時は申請順で待ったり、抽選にするなど
対応をすることで調整をはかることがあります。

法による保全対象ではない

貸し出した暗号資産は資金決済法上の保全対象に該当しないため、暗号資産取引所が
廃業となった場合は戻ってこない可能性があります。

コインチェックの貸仮想通貨(レンディング)の始め方

おすすめな人

・長期投資を行いたいと考えている人
・難しいこと苦手でなるべくやりたくない人
・眠っているお金を有効活用したい人

1.口座開設
コインチェック公式サイトから口座開設をおこないます。
【暗号資産】コインチェック取引所のアプリをインストールしてみた!

2.日本円を入金
【初心者向け】コインチェック入金方法を3パターンを紹介します!

3.レンディング用のアカウント作成
コインチェックで口座を作ると暗号資産の取引が可能になります。
レンディングを行うためにはレンディング用のアカウント作成が必要です!
約款や規約を確認・同意して、メールアドレスと任意のパスワードを登録するだけ!

4.貸し出す暗号資産の準備
ビットコイン等の暗号資産を購入して準備しましょう。
販売所でもいいですが、取引所を使って購入するとスプレットが抑えられる!

5.取引アカウントから貸暗号資産アカウントへ振替
購入したビットコイン等を振替ていきます。取引アカウントから対象の通貨を選択します。
貸出数量を入力して振替を実行します。

6.貸し出しの申し込み
貸暗号資産アカウントに切り替えます。銘柄、数量、期間、満期後の更新設定をする!

原則、貸し出し期間中は期間が満了するまで動かせないので手元に戻すことはでくなくなります。

これでレンディングの申し込みが完了します!貸し出し期間が満了すると通貨の償還と同時に利率に応じた暗号資産が付与されます。

銀行よりも利率が高いので銀行に預けるよりもお金を増やせる

銀行預金では普通預金で年利0.001%なので100万円あずけても10円ほどしか得られません。
仮想通貨のレンディングにもリスクやデメリットもありますが、銀行預金と比べたらお得な利回り率と言えます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

END

関連記事【1万円ゲット】仮想通貨ブログで稼ぐことはできるのか?初収益が発生
関連記事【暗号資産】コインチェック取引所のアプリをインストールしてみた!
関連記事【買い時がわからない】ビットコインを定期購入して積み立てるだけ
関連記事【国内】「Coincheck NFTマーケット(β版)」のリリース