デジタルイラスト描く!定番といえばコレで決まり!!
詳細はこちら

メタマスクをバイナンススマートチェーン(BSC)に接続する方法!

crypto

どうも、おもちです。

今回はメタマスクにバイナンススマートチェーン(BSC)の接続方法の手順を紹介します。
作業時間は5分程です。この作業を知ることでさまざまなネットワークの追加する手順が理解できます。

MetaMask(メタマスク)があらかじめPCにインストールされている前提の作業となります。

まだの方はMetaMaskをインストールを済ませてから行います。

使い方!MetaMask(メタマスク)ウォレットをPCインストール

  • バイナンススマートチェーン(BSC)追加接続について知りたいな?
  • バイナンススマートチェーン(BSC)設定方法は難しいのかな?

コインチェックの口座開設
【口座開設】コインチェック取引所のアプリをインストールしてみた!
Binance(バイナンス)の口座開設
【口座開設】海外暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」登録
MetaMask(メタマスク)のインストール
使い方!MetaMask(メタマスク)ウォレットをPCインストール
Pancakeswapでファーミング
【初心者向け】図解付き!今話題のPancakeswapの始め方

勉強をしながら数々の試練を乗り越えてきた私がわかりやすく解説します。

メタマスクをバイナンススマートチェーン(BSC)のに追加接続する方法

MetaMask(メタマスク)にパスワードを入力して起動します。

ネットワーク」を選択します。

MetaMaskはデフォルトでEthereumのネットワークになっている。
そこで、カスタムでBinanceのネットワークをつくる必要がある。

カスタムRPC」を選択します。

設定値」を入力をします。

Binance(バイナンス)の設定値参照
https://academy.binance.com/ja/articles/connecting-metamask-to-binance-smart-chain

保存」を選択します。

Binance smart chain」を選択します。「ネットワークを追加」を選択します。

「Binance smart chain」接続に切替わりました。

PCではMetaMaskの右上チェーンを押すとネットワークの切り替えができます。アプリでは画面上のウォレットを押すとネットワークの切り替えができます。ちなみに、Binance smart chainに切替わることでBNBがガス代として必要になり、Ethereumに切替えて使うとイーサがガス代として必要になります。
接続チェーンをを間違えて送金すると資産が消えてしまうので注意しましょう。

MetaMaskののウォレットを利用した金融サービスの紹介

MetaMask(メタマスク)はイーサリアムのブロックチェーンと連動したサービスの決済に使われたりしています。そこで有名なのがEthereumネットワーク対応した「Compound(コンパウンド)」です。

Binance smart chain(BSC)ネットワーク対応したサービスといえば「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」です。イーサリアムネットワークに比べて手数料が安いため人気のサービスです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

END

関連記事海外の暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」に登録する。
関連記事「MetaMask」ウォレットをパソコンにインストールしてみた!
関連記事【暗号資産】コインチェック取引所のアプリをインストールしてみた!