19銘柄とりあつかい!はじめての人が使っている!

コインチェック

詳細はこちら

【初心者向け】PolygonでNFT売れた!どこで売上確認するの?

crypto





どうも、おもちです。

Openseaを使ってガス代のかからないPolygonネットワークでNFTを販売しています!

ある日、活動履歴をチェックしていたら、Saleという文字が目に入ってきました!

OpenseaでNFTアートが売れた!と喜んでいたのはいいのですが、売り上げの確認方法がわかりませんでした。

こんな悩みが解決できます。

  • ポリゴンネットワークを使ってopenseaで販売するにはどうしたらいいの?
  • MetaMaskでポリゴンネットワークの設定方法を知りたいな?
  • NFTが売れた!一体どこで売り上げを確認すればいいの?
  • PolygonネットワークでNFTを販売した人が注意するべきことはなに?
  • 同じような悩みを持っているNFT初心者に役立つ記事を書いてみました。
    openseaを使ってNFTアートをポリゴンネットワーク販売している私が解説します!



    ポリゴンネットワークを使ったNFTアートをopenseaで販売する方法

    ETHを持っていなくてもポリゴンネットワークでガス代を払うことなく販売できました。深堀りするとイーサリアムネットワークではアカウントの初期化ということで1万6000円程のガス代がかかるとのことでした。イーサリアムネットワークの販売はあきらめてポリゴンネットワークではガス代は0です。

    ココがポイント!
    コレクション設定をする際のブロックチェーン選択で
    ポリゴンチェーンを選択する必要があります!

    ポリゴンネットワークを使ってopenseaでNFTアートを登録してみる

    「アイテムを追加」を選択します

    「署名」を選択します

    画像をドラッグ&ドロップして選択します

    ブロックチェーンはポリゴンを選択します

    「作成」を選択します

    作成できました!次に販売設定をします!

    ポリゴンネットワークを使ってopenseaでNFTアートを販売してみる

    「売る」を選択します

    「ウォレットを接続する」を選択します

    メタマスクのネットワーク設定をポリゴンを選択していないと接続することができません。
    また、ポリゴンチェーンは自分でネットワークの追加をする必要があります。追加方法は最後に記載しています。

    ネットワークチェンを変更します

    「Binance smart chain」から「Matic Mainnet」に切り替えます

    Matic Mainnet(Polygon)は自分でネットワークの追加を行わないといけません!

    「Matic Mainnet」(Polygon)になりました

    価格を設定して「完全なリスト」を選択します

    「サイン」を選択します

    「署名」を選択します

    販売開始です!

    売れた価格から2.5%はOPENSEAに入ります
    二次販売は作成者にロイヤリティー10%が入ります

    MetaMask(メタマスク)ウォレットにポリゴンネットワークを追加する方法

    メタマスクのアイコンを選択します。ネットワークを追加するために、カスタムRPCを選択します。
    ネットワーク情報を入力して「保存」します。

    ネットワーク名:Matic Mainnet(Polygon)
    新規RPC URL:https://rpc-mainnet.maticvigil.com/
    チェーンID:137
    通貨記号:MATIC
    ブロックエクスプローラURL:https://polygonscan.com/

    PolygonでNFT売れた!どこで売上確認するの?

    やり方
    1.OpenSeaアカウントページにアクセスします。
    2.アカウント名でドロップダウンメニューを開きます
    3.資金の更新を選択します。
    4.残高が更新されます。

    polygonscanを使って見る

    polygonネットワークで自分の資金を調べる方法です。


    Openseaで確認できたウォレット内のpolygonETHの値と同じ数字が確認できました。

    OpenseaではpolygonETHをサポートしててウォレット内に紫色のアイコンで表示されます。
    やり方
    1.polygonscanにアクセスします
    https://polygonscan.com/
    2.メタマスクの拡張機能の上部にあるウォレットアドレスをコピーします
    3.polygonスキャンの検索の部分に張り付けます
    4.アドレスビューを選択します
    5.Polygon ETHの残高を確認するには、[トークン ]フィールドを選択します
    6.トランザクション履歴を表示するには、[ ERC-20トークン送信 ]を選択します

    Etherscanを使って見る

    イーサリアムのブロックチェーンを調べるのに便利なツールです。

    イーサリアムネットワークではまだ本格的にはじめていないためNFTが売れていません。
    そのため、Etherscanでは売上が確認できません。

    やり方
    1.Etherscanにアクセスします。
    https://etherscan.io/
    2.メタマスクの拡張機能の上部にあるウォレットアドレスをコピーします
    3.Etherscanの検索の部分にウォレットアドレスを張り付けます
    4.トークンの残高を確認できます

    MetaMask(メタマスク)を利用している場合の解決方法

    やり方
    1.拡張機能の右上にあるポッチ(アカウントオプション)を選択します
    2.PolygonscanもしくはEtherscan表示を選択します
    3.前述したやり方でPolygonscanもしくはEtherscanで残高と履歴を表示します

    MetaMask(メタマスク)ウォレットにpolygonETHを追加する方法

    ※事前にpolygonネットワークの追加をしておきます。
    やり方
    1.メタマスクウォレットの拡張機能を選択します
    2.MaticMainnetに接続します
    3.Add Tokensを選択します
    4.Tokens contract addressを入力します
    5.NEXTを選択します

    PolygonネットワークでNFTを販売した人が注意するべきことはなに?

    それは、私のようにNFTが売れた!と喜んでいるひとに向けた内容です。

    例えばPolygonで得たETH(紫色してます)をそのまま暗号資産取引所(コインチェック等)に送ると処理ができずに取り出すことができなくなります。

    ではどうすればいいのかというと、Maticブリッジを使ってPolygonETHをイーサリアムETHに戻さないといけません。

    つまり

    Maticブリッジを使う必要がある

    ということです。

    もう一度いいます。

    Polygonで得たETHを円に交換した時などはMaticブリッジでイーサリアムETHに戻さないといけません。

    誤解を招きやすいPolygonチェーン

    そもそもイーサリアムのブロックチェーンの問題点を改善したものがPolygonチェーンとして知られています。

    ガス代高騰問題もPolygonブロックチェーンではガス代が非常に安くなっています。

    Polygonチェーンはイーサリアムのサブチェーンと表現されることもありますが、別物と考えた方がいいです。

    Maticブリッジの使い方を知りたい

    公式サイトからアクセスできます。

    「Maticブリッジ」と書いてきましたが公式サイトでは「polygon bridge」という表記をしているので読み替えていただければと思います。ちなみに「MATIC」とはpolygonネットワークの基軸通貨のことをいいます。

    polygon bridgeの使い方はこちらの記事で詳しく解説しています。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    END

    関連記事【opensea】NFTアートの作り方と出品するまでのやり方を解説
    関連記事【EDGE使い方】話題のNFTアート!簡単なドット絵の作り方描き方
    関連記事NFTアート販売や購入はどこのNFTプラットフォームがいいのか?