19銘柄とりあつかい!はじめての人が使っている!

コインチェック

詳細はこちら

NFTアート販売や購入はどこのNFTプラットフォームがいいのか?

crypto





どうも、おもちです。

NFTアートがテレビ等で取り上げられて話題になっていることを知り、自分もNFTアートにチャレンジしたいと思っていませんか?
世界最大のマーケットプレイスである「Opensea」を使いましょう!販売したり、購入して所有者になって楽しみましょう!

  • NFTプラットフォームは色々あるけど、どこがいいの?
  • Openseaの使い方!NFTアートを販売する方法を教えて?
  • openseaの使い方!NFTアートを購入する方法を教えて?
  • openseaの使い方!NFTアートを転送する方法についても教えて?

NFTプラットフォームでもっとも有名なOpenseaでクジラのピクセルアートのNFTを販売している私が詳しく解説します!

この記事ではNFTマーケットプレイスとして多くの人が利用しているopenseaの使い方を画像付きで解説します!

NFTプラットフォームも色々あるけど、どこがいいの?

NFTアートを作って販売したり、NFTアートを購入したいといった場合にどこのプラットフォームを利用したらいいのか悩んでいませんか?
ネット検索をすると「opensea」や「Rarible」といった海外のサイトや国内では「coincheck NFT」の名前を目にします。
そのなかで世界最大のマーケットプレイスであることや日本のインフルエンサーもおすすめしている「Opensea」が良いと思います。

プラットフォームとはNFTアートを取引する場所のことです。

openseaの使い方!NFTアートを販売する方法を教えて?

自分にはNFTを作って販売なんて無理と思っていませんか?

日本でもNFTが注目されています!ブロックチェーン技術によって唯一無二を証明することができるようになり、アートが価値を生む時代になっています。販売方法もお伝えしていきますのでNFTの販売に挑戦していきましょう。うまくいけば利益をあげることができるということです。

2022.10.17追記
openseaでイーサリアムネットワークでNFTを販売するとき初期化にガス代が発生していましたが、仕様が変わったようです。無料でNFTが作れるようになりました。

一方では、ネットワークの混雑度やイーサリアムのレートによってガス代(手数料)が変動します。場合によりますがNFTアート価格よりもガス代の方が高くなるケースがあります。そんなときは、ガス代が無料のネットワークがPolugonを使うのも手です。イーサリアムのガス代問題を解決するための、イーサリアムのサブネットワークが存在します。それがPolygonネットワークです。

OpenSeaではガス代とは別に取引手数料がかかります。取引金額の2.5%が発生します。出品手数料は無料なのでNFTを出品する時に発生する手数料はガス代のみです。

 

それでは始めます。

■openseaの使い方~openseaとメタマスクを接続するまで~

openseaの公式サイトopensea公式サイト

「作成」を選択します

「メタマスクを取得する」を選択します

「ログイン」を選択します

「ブロックチェーンがイーサリアムメインネット」になっていることを確認します

「次へ」を選択します

「接続」を選択します

これでopenseaとメタマスクの接続かできました。次は設定をおこないます。

■openseaの使い方~openseaの一般設定~

「署名」を選択します

一般設定を入力後に「保存」を選択します

ユーザネーム:表示される名前です。
バイオ:空欄でも問題ないです。
メールアドレス:認証メールが届きます。

登録したメールアドレスに認証メールが届くので確認して「VERIFY MY EMAIL」を選択します

メールが確認されるので、「オープンシーに戻る」を選択します

■openseaの使い方~マイコレクション設定~

「コレクションを作成する」を選択します

「ロゴイメージ」は必須です。

注目の画像やバナー画像は任意です。

「名前」は必須です。

URLは自動で作られます。名前と合わせてopensea側で使用できるものかを判定します。
説明は任意です。

二次流通の際の使用料です。パーセンテージの料金「10.00%」が多いようです。

カテゴリはイラストであればアートを選択します。
リンクは該当するものがあれば選択します。

「ペイアウトウォレットアドレス」を入力します。

メタマスクのウォレットアドレスをコピーして貼り付けます。

「ブロックチェーン」はイーサリアムを選択します

※一度選択すると変更することはできません。
※ガス代を抑えるためにポリゴンネットワークを選択することもできます。

「作成」を選択します

支払いトークンはそのままで問題ありません。
テーマを表示は真ん中を選択します。

コレクションの設定が完了です。

■openseaの使い方~アイテムを追加する~

いよいよ、ここからはデジタルアートを追加してNFTアートにしていきます。

「アイテム追加」を選択します

ファイルを「ドラッグ&ドロップ」して選択します

名前は必須です。作品名を入力します

外部リンクは無くて問題ありません。
説明は無くても問題ありません。

コレクションを選択します

複数コレクションを持っている場合は選択することができます。

現在は供給量は「1」の設定となります

リスト、★、棒グラフ、ロック、警告に関してはそのままで問題ありません。

ブロックチェーンは「イーサリアム」となります

コレクション設定の際に選択したブロックチェーンが表示されます。

「作成」を選択します

メタデータをフリーズするはそのままで問題ありません。

■openseaの使い方~アイテムを販売する~

ブロックチェーンがイーサリアムのアイテムの販売を試みてみました

「売る」を選択します

「セット価格」を選択します

ウォレットの初期化を求められます
2022.10.17追記
openseaでイーサリアムネットワークでNFTを販売するとき初期化にガス代が発生していましたが、仕様が変わったようです。無料でNFTが作れるようになりました。

メタマスクウォレットに「イーサ」がゼロであったため、賃金不十分で警告が出ました。
ガス代も16,000~17,000円程かかるようです。

今回は署名はせずに「拒否」を選択しました

■openseaでガス代を気にせずに販売する方法

openseaでガス代をイーサで支払うことなくNFTアートを販売する方法を紹介します!

それがポリゴンネットワークを使って販売する方法です。

コレクション設定の際にブロックチェーンをポリゴンネットワークを設定します。

コレクション設定をする際に。。。。

ブロックチェ―ンでイーサリアムではなく、ポリゴンチェーンを選択して作成します

openseaの使い方!NFTアートを購入する方法を教えて?

購入する手順はとても簡単です。Opensea上でNFTアートを購入してみましょう。

前提条件として
・暗号資産取引所「コインチェック」で口座開設してある
・暗号資産取引所でETHを購入している
・MetaMask(メタマスク)を作成してある
・ETHをMetaMaskに入れてある
・OpenseaとMetaMaskを接続してある

まだの方は下記を参考にしてください。

【口座開設】コインチェック取引所のアプリをインストールしてみた!

使い方!MetaMask(メタマスク)ウォレットをPCインストール

OpenseaでNFTを購入しましょう。

手順
1.Openseaで欲しいNFTアートを選択します。
2.「Buy Now」となっているものが今すぐ購入可能なNFTです。
3.NFTを選択すると詳細画面が表示されます。
4.確認書のようなものが出るので☑を入れます。
5.「Checkout」を押します。
6.表示価格に問題なければ「確認」を押します。

※価格のイーサリアムが黒色ならイーサリアムネットワークです。ちなみに、紫色だとpolygonネットワークです。
購入にはポリゴンイーサが必要になります。

Your Purchase has Processedと表示されれば購入できました。

イーサリアムをポリゴンイーサに交換する方法

紫色のポリゴンイーサにする方法はいくつかあるのですが、かんたんな方法を紹介します。

手順
1.Openseaにアクセスします。
2.右上のウォレットを押します。
3.MetaMaskを選択します。
4.パスワードを入力します。
Openseaと接続します。
5.ETHの右横の点3つにカーソルを合わせます。
6.「bridge to polygon」を押します。

この時、MetaMaskをのネットワークはイーサリアムにしておきます。

7.量を入力します。
8.「Convert tokens」を押します
9.ガス代をチェックして「確認」を押します

ポリゴンイーサがウォレットに表示されれば成功です。

openseaの使い方!NFTアートを転送する方法についても教えてほしいな?

クジラのNFTアートを発行して数日が経過しますが、まだ動きはありません。Twitterを使って宣伝はしていますが音沙汰無しです。

そんな中でインフルエンサーにエアドロップするという販売戦略があることを知って自分のNFTアートをエアドロップしてみました。

私が販売しているドット絵の紹介

海外ではCryptoPunks(クリプトパンクス)や日本でもドット絵のNFTアートが人気と知り私もOpenseaでドット絵を販売しています。

クジラは全40匹となります。色んなクジラを楽しんでください。

https://opensea.io/gokumochi?identifier=gokumochi&locale=ja

エアドロップのやり方

エアドロップはとても簡単です。

手順
1.インフルエンサーのOpenseaのアカウントからアドレスを調べます。
2.NFTアートを選択してから転送をします。転送ボタンを押すと送信先アドレスの入力欄が表示されます。
3.インフルエンサーのアドレスをコピーして貼り付けをします。
4.送信すれば完了します。

インフルエンサーのコレクションを確認して、転送したNFTアートが表示されていれば成功です。
自分が作った作品の所有者が変わりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

END

関連記事【opensea】NFTアートの作り方と出品するまでのやり方を解説
関連記事【EDGE使い方】話題のNFTアート!簡単なドット絵の作り方描き方
関連記事【初心者向け】PolygonでNFT売れた!どこで売上確認するの?