19銘柄とりあつかい!はじめての人が使っている!

コインチェック

詳細はこちら

仮想通貨(暗号資産)の取引所形式で板取引ができるところを調べた!

crypto

どうも、おもちです。

暗号資産交換業者には「販売所」と「取引所」があることを学びました。
「販売所」は一般的にスプレッドの差が大きく、手数料として取られてしまうので
損をしないために「取引所」が良いということです。

 

  • 「取引所」形式の暗号資産交換業者はどこなのか?

 

仮想通貨(暗号資産)について勉強中です。
「取引所」で板を使って取引するには少し勉強が必要になりますが、
覚えると楽しいです。メリットもあるので勉強しましょう。

 

仮想通貨(暗号資産)の取引所形式で板取引ができるところを調べた!

取引所形式がある暗号資産交換業者※取引所の情報です。

Coincheck 

手数料:0% 
即時入金:Pay-easy

 

bitflyer 

手数料:0.01~0.15% 
即時入金:住信SBIネット銀行/auじぶん銀行/Pay-easy

 

bitbank 

手数料:Maker-0.05%、Taker0.15%
即時入金:-

 

GMOコイン 

手数料:Maker-0.01%、Taker0.05% 
即時入金:住信SBIネット銀行/楽天銀行/ジャパンネット銀行
      GMOあおぞらネット銀行/Pay-easy

 

SBI VCトレード 

手数料:無料
即時入金:住信SBIネット銀行

参考サイト:暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所比較

・「取引所」で売買する時にかかる手数料
・「販売所」の売買時に乗せれている手数料(スプレッド)
・「Maker(メイカー)」取引情報に指定した価格で注文を入れる
・「Taker(テイカー)」板情報の取引が成立する注文を入れる

 

おすすめ
全取扱通貨500円から購入可能なコインチェック
ビットコインの積立投資ならコインチェック
※ビットコインの積立投資の詳細はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

END

関連記事仮想通貨(暗号資産)はここで買える!おすすめ暗号資産交換業者8選
関連記事仮想通貨(暗号資産)はじめての買い方でおすすめは「ビットコイン」